三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。
月別アーカイブ  [ 2010年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

監査難民

監査難民 (講談社BIZ)」を読みました。



先日読んだ「粉飾の論理」がなかなか面白かったため、同様に
カネボウ事件を扱っている本書も読んでみる事にしました。

「粉飾の論理」ではカネボウ側の記述が中心になっていましたが、
本書は監査人である中央青山側の動きが中心に描かれており、
カネボウ事件に絡んで当時の中央青山監査法人が解体に向かう
流れが、当時の関係者の様々な思惑とともによく分かります。

詳細については別の方に譲るとして、特に感じたのは、監査法人も
民間の企業と同様に、社内の派閥や社内政治によってその動向が
大きく左右されるのだなぁ、ということです。

個人事務所が合併することによって大きくなってきた中央青山では、
法人内の出身母体による派閥や政治関係が粉飾事件や最終的な解体
への流れに少なからず影響を与えています。

当時の中央青山に限らず、最近の大手監査法人はもともと小さな
個人事務所が合併を繰り返して大きくなってきた経緯がありますし、
実際に大手監査法人に勤務する会計士の知人の話を聞いていても、
今でも出身母体によって法人内が実質的に分かれているような法人も
あるとのことです。

そういった意味では、例えば会計士試験に合格した後にどの法人に
就職するべきかと言ったときに、結局はどの部門のどのチームに
所属するかによって環境は大きく異なってしまうわけですから、
そこに明確な答えはないのかもしれません。

もちろん一般企業でも部門や直属の上司によって職場環境は全く
異なってきますし、そもそも最近の環境下では就職する監査法人を
選ぶことすら難しいわけですが。

本書は単純に読み物としても面白いのですが、監査法人を中心に
書かれている貴重な書籍であり、監査業界についてのイメージが
良く分かる本なので、公認会計士試験受験生や、これから監査業界を
目指そうか迷われているような方にもお薦めの書籍だと思います。


スポンサーサイト
[ 2010/04/12 22:26 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。