三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エフオーアイへの強制調査

ゴールデンウィークも終わり、本格的に仕事に戻った途端、
びっくりするニュースが入ってきました。

昨年の秋に東証マザーズに上場したばかりの㈱エフオーアイに
対して、証券取引等監視委員会の強制調査が入ったと
報道されています。

容疑としては、上場時の有価証券届出書において架空の
売上高を計上し、売上高を水増ししていた疑いとのことです。

現在調査中ですからまだはっきりしたことは言えませんが、
個人的には容疑の内容が細かい粉飾ではなく、売上の架空
計上である点で、驚きを隠せません。

同社の財務諸表を見てみると、売掛金が非常に多いことが
目立ちます。

確かに取引先との関係で回収サイトが長いなどの個別の
理由もありますが、それにしてもこの売掛金の多さは、
ある程度の会計知識を持つ人間であれば誰が見ても嫌でも
目に付くレベルです。

当然、新規上場に際して主幹事証券会社・監査法人・取引所
など複数の専門家の目で審査された際にも、最大の論点として
慎重にチェックされたはずです。

それほど分かりやすい論点であるにもかかわらず、また
架空売上の計上=売掛金の増加という代表的な粉飾の手口で
あるにもかかわらず、それら全ての審査を通り抜けて上場して
しまったのだとしたら、これはよほど巧妙な粉飾だったと
いうことになるのでしょうか?

まだ事実かどうか分かりませんし、詳細は全く分かりませんが、
これが仮に事実だとすると、非常に残念なニュースです。

新興市場はライブドアショック以降、長期的に低迷が続いて
いますが、最近の株価の動きを見ていると好材料に反応しやすく
なっていたり、業績の良い会社の株価が上がっていたりと、
一時の最悪期を脱出した感がありました。

こういった報道によって新興市場全体に対する信頼性が失われ、
せっかく良くなりかけていたムードが再度悪い方向に向かって
しまわないことを祈るばかりです。


[ 2010/05/12 21:02 ] IPO | TB(0) | CM(0)
プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。