三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中小監査法人への就職について

本日はトミオムさんからのご質問に回答したいと思います。

>はじめまして、トミオムと申します。
>公認会計士の資格に興味を持ち、ネットで情報を集めてるところHAYさんのブログに来ました。
>勉強するに当たり不安な面があり、誠に勝手ながらコメント欄での質問で失礼します。

>私は、大学卒業してからフリーターで今年28歳になります。
>大学時代に会計学を少ししてたので、それを思い出して公認会計士に興味を持った次第です。
>今回自分で色々調べてく内に公認会計士の仕事にも興味が出てきて、
>強烈に「公認会計士になりたい」と思いが強くなりました。

>ただ、不安なのが試験合格後の就職のことです。

>私は、もうすでに30歳手前になり職歴もバイトのみです。武器という武器は客観的にはありません。
>そこで、HAYさんにお聞きしたいのです。

>各媒体の情報の多くに大手監査法人の状況が取り沙汰されてますが、中小監査法人の採用状況はどうなのでしょうか?
>そして私みたいな者が試験に合格した後、大手中小監査法人関係なく就職ができる状況なのでしょうか?

>もう後が無い状況なので、バイト以外の時間は勉強に注ぎ込み、死に物狂いで合格を取りにいく覚悟です。
>突然の質問で申し訳ありません。よろしくおねがいします。

前提として、私は中小監査法人への就職活動は経験しなかったため、
中小監査法人に関してはあくまで実際に受験した周囲の友人などからの
情報ベースの回答になりますことをご容赦ください。

まず、大手監査法人については、今年入所した私の同期を見る限り、
20歳代後半で正社員としての職歴がない方は非常に少ないです。

他方、25歳前後までは職歴がない方もそれなりにいますので、その辺りの
年齢を一つの目安にして採用活動を行っていると推測されます。

他の大手監査法人のことはよく分かりませんが、大きくは異ならないと考えます。

では、中小監査法人はどうかというと、少なくとも競争倍率は大手を
遥かに凌ぎます。
数年前の大量合格時代に、各中小監査法人も大手同様、合格者を多数
採用しました。それまでは人員不足気味であった中小監査法人も、
当時の採用で一気に人員を充足できたようです。

そしてその後の不況により、中小監査法人も大手同様、人員過剰
気味となってしまっており、もともと法人の規模がそれほど大きくない
各中小監査法人では最近の新人の募集は数名程度のところが多いようです。

その狭き枠に、大手監査法人から内定が出なかった方が殺到した結果、
倍率は数百倍に達するところもあるようです。

ですから、中小監査法人であれば入所しやすいか?と聞かれれば、
そうとは言えない、が答えになります。
少なくとも倍率だけを見ると、大手以上に難易度は高いのかもしれません。

あとは、何かで差別化できるかどうかの勝負となります。
一般に考えられる武器は職歴や語学力になるのでしょうが、性格や
行動力に特性があることも武器になりえると思います。

例えば、社交的で誰とも仲良くなれるとか、体力では誰にも負けない
とか、過去に行動力を発揮したエピソードがあるとか、最終的には
面接官に欲しいと思わせる特性があれば可能性はあるのではないかと思います。

ただ、ご質問の内容だけではトミオムさんの特性が分かりませんので
軽はずみなことは言えませんが、正直にお答えすると、上記のような
特別な特性がないとすると、客観的には監査法人に就職できる確率が
高いとは言えない状況であるかと思います。

あとは、こういった現実を承知した上で、ご自身の人生でどうリスクを
取るかの問題になります。

リスクを取らないと大きな成功が得られないのも事実です。
今後、世の中がどう変化するかは誰にも分かりませんし、会計士試験
制度の変更もどのような影響を及ぼすか不透明です。

例えば、数年後に監査法人への就職状況が大きく改善している可能性も
ゼロではありません(今現在ではなかなか考えにくいことですが)。

また、「就職」という意味では、監査法人への入所が厳しいからと
言って、仕事が全くないとも限りません。

実際、2009年に合格した私の補習所の同期にも、合格発表直後は
監査法人に入所できず無職であった人が一定数いたのですが、
直近では全員、就職できています。

以前よりもブランド価値は大きく低下しているのかもしれませんが、
「公認会計士試験合格」に世間からの一定の評価があることも
また事実だと思います。

監査法人にこだわらず幅広く探せば、何らかの仕事に就ける可能性は
十分あります(当然、絶対とも言えませんが)。

ただし、その場合、今度は「公認会計士登録」ができなくなるという
リスクが出てきます。

ですから、トミオムさんの優先順位が「公認会計士になる」ことに
あるのか、それとも「就職したい」ことにあるのかによってもまた
選択が異なってくるのかと思います。

以上、アドバイスになっておらず申し訳ありませんが、トミオムさんの
ご決断にとって何らかのご参考になれば幸いです。

スポンサーサイト
[ 2011/03/25 23:50 ] 公認会計士試験 | TB(1) | CM(1)

監査法人への就職について

本日は在日中国人さんからのご質問にお答えしたいと思います。

>実は私は在日中国人です、日本語も中国語も当然できますが、会計士を目指して勉強しています。
>まだ合格していませんが、32歳の合格を目指しています。
>仮に32歳で合格しても、中国語ができる会計士として監査法人に就職できるか不安です。
>中国語を武器に中国駐在できるような国際派CPAがとても魅力です。
>HAYさんはどのように思われますか?聞かせていただければ幸いです。
>ちなみに私は12歳のときに来日、妻は日本人です。
>現在税理士事務所に勤めています。やはり税務会計は好きにはなれません><

まず、ご質問の内容を読んで、実際に監査法人の採用担当がどう判断するかは
ともかく、個人的には是非とも採用したい方だと思いました(笑)。

昨今では、日本の監査法人の目は明らかに日本以外の海外へ向いてきています。

もともと監査という仕事は上場企業が存在してこそ発生する仕事であって、
ある意味、受身的な仕事であると言えますが、日本ではここ数年、肝心の
上場企業数が減少し続けています。

様々な規制の強化・上場コストの増加によって、以前と比較して上場の魅力が
明らかに薄れてきています。

そのため、新たにIPOして上場しようとする企業が減少する一方、MBOや完全
子会社化による上場廃止・市場からの退出が相次いでいます。

今後、少子高齢化が進行する日本において産業が大きく発展することは
なかなか期待しづらいですから、中長期的に上場企業が大幅に増加する
ことも考えにくいところです。

そのような状況で、日本の監査法人も日本だけのビジネスにこだわっていれば
ジリ貧であることには気付いており、一般事業会社が新興国をはじめとする
海外への展開を急いでいるのと同様に、なんとか海外へ活路を見出したがって
いるところです。

しかし、海外展開を行おうにも、残念ながら英語を始めとした外国語を
ビジネスレベルで操ることのできる公認会計士は非常に少ないのが現状です。

監査法人も法人内の研修などを強化して外国語の強化に力を入れては
いますが、その手法では限界があります。

そうすると、一番手っ取り早い方法は外国語が堪能な公認会計士(又は会計士
試験合格者)を採用してくることになります。

その中で、英語が出来る日本の公認会計士(又は会計士試験合格者)は
ある程度市場に存在していると思われますが、中国語が堪能な日本の
公認会計士(又は会計士試験合格者)は非常に貴重な存在のはずです。

加えて言うと、税務に詳しい公認会計士(又は会計士試験合格者)も
非常に貴重です。

公認会計士は税理士登録が行えますし、実務において税務科目についても
監査を行う必要がありますが、実際にはほとんどの公認会計士は税務が
苦手だからです(笑)。

先日の記事でも書きましたが、年齢的には30歳を越えると大手監査法人の
採用においてハンデとなってしまうのは事実だと思います。

しかし、30歳を越えても採用された同期の方々を見ていると、何か特殊な
能力を持っている場合には30歳前半という年齢はそれほど問題にはならない
ように感じます。

在日中国人さんは差別化された強みを2つもお持ちですから、その武器で
十分戦えるのではないかと思います。

実際、今年の監査法人の採用枠が昨年と比較してどの程度になるのか、
また採用活動において各監査法人がどのような点を重視してくるのかは
分かりかねますが、仮に大手が難しかったとしても、例えば中小監査法人は
即戦力の人材を好む傾向にありますから、大手監査法人以外も含めて幅広く
回れば、在日中国人さんに興味を示す監査法人は必ずあるように思います。

ですから、就職について不安な気持ちもよく分かるのですが、就職活動は
論文試験後から全力で行うこととして、まずは試験に合格することに注力
してください。

少しでも早いタイミング・年齢で合格されることが何よりも大事だと思います。

以上、まとまりませんが、私の考えになります。
何らかの参考になれば幸いです。

また何かありましたら何でもお聞きください。

[ 2011/03/07 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。