三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

法の世界からみた「会計監査」

「法の世界からみた「会計監査」―弁護士と会計士のわかりあえないミゾを考える―」
を読みました。





本書はブログ「ビジネス法務の部屋」で有名な山口利昭弁護士の著書なのですが、
まず会計監査の実務に関する書籍ということが珍しく、また著者が公認会計士で
なく弁護士の方であるという点からも、一読の価値ありです。

目次をざっと見てみても、公認会計士であればどの章も興味深く感じるような
タイトルばかりが並んでいます。

私も会計監査の実務を行っていながら、それを法的な枠組みで深く考えたことが
なかったため、読んでいて新たに気付かされることがとても多かったです。

公認会計士の方、又は将来公認会計士を目指して勉強している方にとっては
とても面白く読める本だと思います。
(逆に、それ以外の方には多少難しく感じる部分があるかもしれません)


[ 2013/06/01 00:18 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。