三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

試験における冷静さ

月曜日から取り組んでいた今年の中小企業診断士の2次試験問題ですが、
今日で一通り解き終わることができました。

解答内容は予備校の模範解答と比較的似たものが多かったので、
実力は落ちておらず、一安心といったところです。

試験の難易度的には、自分が合格した4年前とそれほど変わりはない
感じですかね。

ただ、今回は非常に気楽な立場で解いているからこそ出来たという
側面もあります。

これが試験会場で極限の緊張状態の中で受けた場合であれば、
おそらく解けなかったであろう問題もありますから、単純比較はできません。

会計士試験についても同様で、今年の論文試験でも、後で冷静に考えて
みれば意外に簡単な問題も多かったのですが、本番の緊張状態の中で
冷静さを欠き、間違えてしまった問題が多々ありました。

短答を通過して論文式試験に臨む受験生の実力にそこまで大きな違いは
ないでしょうから、案外、そういったミスを少なくするために、どれだけ
冷静に問題と向き合えたかが合否を分けるのかもしれません。

結局、そのためには本番で開き直って冷静になれる自信がつくまで、
ひたすら勉強する以外に方法はないのかもしれませんが。

また、今年論文式試験を受けてみて、1日の最後の科目の終盤に、
頭の動きが明らかに鈍くなっていたことも感じました。

一日中試験を受けていて、なおかつ勉強不足であったことから昼休みも
食事をしながら必死に勉強していたのですが、その後の午後の思考力を
考えてみると、昼休みは思い切って休息にあてたほうが良かったかも、
というのが今年の個人的な感想です。

ですので、今から、来年受験する場合には昼休みは昼寝をすることに
決めてしまっています(笑)。

もちろん、受けずに済むのが一番なのですがね。


[ 2009/11/19 23:20 ] 公認会計士試験 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。