三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理論科目答案作成において心がけたこと②

本日も引き続き、momojiroさんからいただいた質問に答えたいと思います。

>2.実際の本試験での理論科目答案作成において心がけたこと

②問題文を熟読し、問題文の条件に素直に従う

前回の①とも重複する部分がありますが、問題文を熟読し、問題文の条件に
素直に従うことで、題意を外さないように注意しました。

これも監査論の第2問を例に取ると、問題文中に「内部統制の評価の観点から」、
「会社側の対応に言及した上で」といった制約条件がある問題がありました。

問題文にこのような制約条件が指定されている場合には、必ずその点を
意識した論述を行わないと、題意を外すことにつながります。

そこで、解答作成時には再度問題文を念入りに熟読・確認し、問題で要求
されている条件をしっかりと踏まえた上での論述を行いました。
極端に言うと、問題文の一字一句を念入りに確認していました。

今年の論文試験では各問の解答欄は決して大きくなかったため、題意を
大きく外した場合、いくら解答欄一杯に記述したとしても、重要な点の
論述がないため0点となる可能性が高く、注意が必要です。

「内部統制の評価の観点」からの記述を要求されているにもかかわらず、
それ以外の観点から記載すれば、いくら書いている内容そのものは
正しくとも、点はほとんど期待できないはずです。

これは逆に言えば、問題文の条件に忠実に解答することで
(この例でいうと、内部統制の評価の観点の一般論を述べるなど)、
完全には分からなかった問題についてもある程度の部分点が期待
できる場合があることを意味していますので、受験生間で意外と
点数の差がつくポイントではないかと思っています。

なお、問題文を念入りに確認する作業は、結果として正解を導き出す
ヒントになるというメリットもあります。

例えば、私は管理会計の「原価配分の2つの考え方」の問題について、
最初に問題を見たときには正直なところ、全く解答が思いつきませんでした。

しかし、問題文を何度も読みながら考えているうちに、「重さ・長さ・価格等」
という記述から2つの区分を思いつき、解答することができました。

私の答案は「重さ・長さ」と「価格」の2つの区分がある、といったもの
ですから、問題文をそのまま書き写しているようなものです。

しかし、それでも多少の得点は獲得できたはずですから、問題文を念入りに
確認する作業の有用性が分かる良い例なのではないでしょうか。

次回、③に続きます。


質問へのご解答、ありがとうございます!

なるほど、大問を解く前に一通り全ての問いに目を通して、「受験生に何を問おうとしているのか?」を把握するのがまずやるべきことのようですね。その上でさらに各小問の制約条件をしっかり把握し、「その制約条件自体が採点ポイントになるんだな。」と意識した答案を書く必要があるということなんですね。

特に監査論などは100点満点のうち、小問にしてわずか7題前後しか出題できないわけですから、それぞれの問に試験委員が受験生に対して「監査をする上で絶対に理解しておいて欲しい。」と思うような重要な出題意図が背後にあると考えた上で、問題に取り組んだ方がいいのかもしれないですね。また、監査は会社の処理の不正や誤謬を発見するのも役目の一つだと考えると、今回の連結処理のように、財務会計の知識を使うような場面があり得るということを念頭に問題に取り組む姿勢も持つ必要があるのかもなとも感じました。

問題文の意図を読み取る姿勢、心がけるようにします!そういう意味での過去問の出題傾向の分析は意味があるのかもしれませんね。
[ 2009/12/17 01:14 ] [ 編集 ]
はじめまして。働きながら会計士を目指しているものです。HAYさんの経歴に興味をもっています。私は経理へ異動が決まり、来月から経理マンとして新たな一歩を踏み出します。しかし経理で一生を終わらせる気はなく経理から経営企画へのステップを考えています。HAYさんは既にこのような道を歩まれていますが、経営企画へ異動が決まるまで、経理のお仕事中に積極的に自己アピールをするなど心がけていた事は何かありますか?

また将来経営企画に携わるとして、どのような視点で経理業務にあたるべきかも教えて頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。
[ 2009/12/17 01:26 ] [ 編集 ]
>momojiroさん

私は、過去問の分析は時間の都合もあり出来なかったのですが、もし今年落ちていたら、来年は本格的に取り組もうと思っていたところでした。

論文試験が近い時期になるとなかなか難しい作業なので、今の時期が向いているのかもしれませんね。

何回にも分けてしまって申し訳ありませんが、ご質問への回等はまだまだ続きますので、よろしくおねがいします(笑)。
[ 2009/12/17 21:53 ] [ 編集 ]
>ひよこ経理マンさん

コメント、ありがとうございます。
また、経理へのご異動、おめでとうございます!

ご質問への回答は少々長くなってしまいそうですので、後日、記事として回答させていただければと思っています。

他の方からの質問もお待ちいただいているところですので、申し訳ありませんが、少々お待ち下さい。

よろしくお願いします。
[ 2009/12/17 22:13 ] [ 編集 ]
お待ちしております!特に将来「自分を経営企画に配属すればこんなメリットがあるんだ!」と会社に対してアピールする際に、根拠となるような経験・実績作りを経理の現場で積みたいと考えいます。

よろしくお願いします。
[ 2009/12/18 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。