三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

各監査法人の業績状況

本日の日経新聞に、大手・中堅の監査法人ごとの08年度の業務収入・
経常利益の記事が載っていました。

会計士試験の受験生・合格者にとっては、監査法人の業績悪化による
試験合格者の就職難が報じられているところですから、なかなか興味深い
記事なのではないでしょうか。

私は監査法人への転職を具体的に検討していなかったこともあり、
各監査法人の詳細な業績を見たのは初めてに近かったのですが
(新日本の赤字くらいは知っていましたが)、記事を見てまず思ったのが、
どの監査法人も意外と業務収入自体は伸びているんだな、ということです。

記事内の図表には大手監査法人に加えて中堅監査法人も載っていますが、
仰星(2%減)を除く全法人が前年比で増収を確保していました。

08年度は期中にリーマンショックもあり、急激に景気が悪くなっていった
年にもかかわらずです。

監査契約などに影響が出るのは翌年以降からなのかもしれませんので、
09年度はさすがにそうはいかないのかもしれませんが。

08年度は前年比で増収にもかかわらず減益となってしまった法人が
多かったわけですから、監査法人としてはコスト削減しか打つ手はなく、
監査法人の中心的な費用である人件費の抑制に動くのはある意味で
当然とも言えます。

この業績状況を見る限り、残念ながら短期的に合格者の採用環境が
改善されることは無さそうですね・・。

また、大手監査法人間の比較としては、新日本が約10億円の経常損失、
トーマツが約10億円の経常利益となっているのに対して、あずさの
経常利益約70億円という数字が抜きん出ています。

業務収入はそれほど変わらないのに(むしろ新日本のほうが多い)、
これは一体何故なんでしょうか?

IPOの世界にいる人間の感覚としては、あずさが特別多くのIPOに関わって
いるわけでもないため(むしろIPO業界では苦戦気味?)、ここまでの差が
ついてしまう理由がいまひとつ分かりません。

どなたか、教えていただける人がいらっしゃったら幸いです・・・。


[ 2010/01/14 22:25 ] 監査法人 | TB(0) | CM(4)
あけましておめでとうございます。今年もよろしくです☆
私もその記事は見ました!

とりあえずザッと各社の違いについての分析をブログで書いてみたいと思いますので、良かったら見に来てください。

あと、成績開示決定の知らせが昨日届きました。Hayさんの開示結果、是非参考にしたいので楽しみにしています☆
[ 2010/01/14 23:54 ] [ 編集 ]
>momojiroさん

コメント、ありがとうございます!
momojiroさんの分析を楽しみにしております。

また、私の成績開示はもう少しかかりそうな感じです。
1月中にはこのブログで開示できれば、といったところです。。
[ 2010/01/15 00:15 ] [ 編集 ]
こんにちは。
一番違うのは年金費用ですよね。
[ 2010/01/17 10:05 ] [ 編集 ]
>anonymityさん

コメント、ありがとうございます。

年金費用が最大の違いということは、あずさとトーマツ・新日本では年金の仕組みが違うということでしょうか?

あずさの決算は開示されていないので、私にはよく分かりませんでした・・・。
[ 2010/01/18 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。