三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

企業法の勉強方法・参考書籍

本日は論文試験での得点率61.2と、まさかの高得点となった企業法の
勉強方法・参考書籍です。

企業法に関しては、IPOに関係した仕事をしていると会社法は実務に
おいても関連してくる法律ですので、勉強開始時点である程度なじみが
あったという強みはありました。

ただ、企業法の勉強方法としては、基本的にはクレアールのDVD講義を
聞いて、テキストを何度も読み込むというもので、特段変わったことも
していません。

クレアール以外の参考書籍としては、仕事上必要ということもあり、
既に伊藤真先生の「会社法 第2版 (伊藤真試験対策講座 9)」を持って
いたため、これを何度も読むことで会社法の理解を深めました。



また、会計士試験を受験するにあたり、同じく伊藤真先生の条文集
「会社法 第2版 (伊藤真の条文シリーズ3)」を購入し、活用しました。



実際、私の職場でもこの二冊の所有率は比較的高く、机に置いている
人をよく見かけますので、多くの人に支持されている書籍なのだと
思います。

なお、購入した条文集は重要な条文については確認していましたが、
勉強していて該当条文が出てくるたびに条文集を引いて確認する
ようなことはしていませんでした。

テキストに出てきた内容については必ず条文集を引いて確認したほうが
実力が伸びる、という声もあるようですが、個人的には勉強の効率性を
考えるとあまり賛成はできません。

企業法は短答では短答特有の細かい問題が出題されるので、短答対策が
必要となる科目です。

短答対策としては、細かな引っ掛けなどのパターンを掴む意味でも、
より多くの問題に取り組むことが有効です。

私はクレアールの短答答練以外では、「企業法早まくり肢別問題集」と
「公認会計士試験 短答式企業法―理論科目集中トレーニング」を購入して
これを何度も何度も回しました。




特に「企業法早まくり肢別問題集」はお勧めの問題集です。

短答試験については、クレアールのテキスト・答練と上記2冊をこなす
ことで十分対応が可能でした。

ただ、短答対策で問題を解く際の注意点としては、単に○か×かだけで
終わりにしないことです。

ここは非常に重要です。

論文試験では、限られた解答欄の中で、各条文の趣旨を一言書けるか
どうかが重要になってきます。

ですので、条文ベースの短答問題を解く際に、それぞれの条文の趣旨や
○、×となる理由・背景についても必ず考えておくと、結果として
論文の実力も大きく伸びます。

去年の論文試験の第二問のような問題には特に有効でしょう。

例えば、「大会社には会計監査人の設置が必要である」・・・答えは○。

これについては、大会社では債権者が多数存在し利害関係者が多いこと
から、正確な情報開示のために会計監査人による監査が必要である、
という理由があります。

こういった理由を考えずに、大会社=会計監査人が必要、という知識の
詰め込みトレーニングだけを行うと、ロジックを理解していないため、
その後の知識の忘却の可能性も高くなってしまいますし、論文試験で
その趣旨を聞かれたときに記述することもできません。

ですから、記憶の定着のためにも、論文試験のためにも、条文の趣旨や
制定理由を常に考えながら問題を解くことが必要です。

つまり、短答対策が必要な科目と言いながらも、決して短答と論文で
基本的な勉強方法が異なるわけではないということです。

適切な短答対策トレーニングを行えば、それがそのまま論文の
実力アップにつながっていくはずです。

ちなみに、上述した伊藤先生の条文集の良いところは、各条文の趣旨が
詳細に書かれていることであり、その点で私は非常に重宝しました。

何もこの条文集に限りませんが、利用する条文集は趣旨などの記述が
深いものをお薦めします。
(条文の文言だけ確認する作業にはそれほど意味はないはずです)

また、私の論文試験対策としては、上記の短答対策の勉強法をベースに、
テキストに載っていた典型論点を覚えていきました。

ただ、結果として時間の制約もあり、最終的に全てを暗記しきれません
でしたので、典型論点だった去年の第一問ですら満足な記述ができません
でした(201条の条文ミスや結論ミス、その他記載漏れ)。

それでも第一問の得点率は平均以上でしたので、要するに企業法は他の
受験生も相当苦手としている科目なのでしょう。

そういう意味では、企業法を攻めの科目と位置づけ、時間をかけて
典型論点をしっかり覚えておけば(そして典型論点が出題されれば)、
この科目でかなりアドバンテージを取れると思います。

なお、今だから言えますが、勉強時間の制約があったため、私は
論文答練や模試の問題を実際に答案用紙に書く練習は一切していません
でした(問題を見て、頭の中で解答を考えることはしていましたが)。

つまり、私は論文試験当日に初めて企業法の解答文章を用紙に
書いたことになります。

そういう経緯があり、かつ典型論点の不出来もあったことから
足切りに怯えていたわけですが、まさかのA判定だったわけです。

私の経験をもって、時間のある受験生に対して答案作成の練習を
しないことを勧めるなどということは一切しませんが、少なくとも
実際に文章を書く練習をしないと合格できない、ということは
ないわけです。

つまり、先ほどの条文集の引き方にしても、答案作成練習の有無に
しても、一般的に勧められている勉強方法でなくとも十分合格水準に
いけることは確かです。

具体的なアドバイスにはなりませんが、正しい勉強方法というものは
人それぞれですから、もし自分自身の勉強方法が予備校の講師の意見や
標準的な勉強方法と異なっていることについて迷いを持っている方が
いらっしゃれば、自分自身に合った勉強方法を信じて続けていくことが
何よりも重要だと思います。

以上、何らかのご参考になれば幸いです。

はじめまして!
明日日商簿記を受けるものです。
最終的には日商簿記1級&BATICを取得したいとおもっております。
とりあえず今の目標はそこまで、です。
わたしの場合も、自分自身の勉強法をやってます。
なにしろ、簿記の職業訓練に行ったものの、そこでなんと先生(税理士)のセクハラにあうし(--;)
気分を害しながら、なんとか職業訓練終了にこぎつけました!損な調子なので、なかなか覚えが悪かったです。
自宅で一カ月程度(終了して一カ月間、簿記試験まで合間がある。)、家で頑張ってます。
家で独学したほうが、覚えがいい感じですね(^^;)
[ 2010/02/27 11:04 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして!
>あおねこさん

コメント、ありがとうございます!

私も簿記は3級・2級・1級と独学で取得しましたが、一定の教材さえ入手できれば、予備校と独学に大差はないと思っています。

独学で重要なことはモチベーション管理でしょうから、それが自らでコントロールできるのであれば何も問題ないと思います。

いい結果が出ると良いですね!
[ 2010/02/28 22:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。