三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成績開示の結果公開

本日、09年度論文式試験の成績開示結果が届きましたので、
結果を公開します。


会計学 素点  調整後得点  
第一問 23    25.95
第二問 37.5  31.6
第三問 19    26.25
第四問 36    42.35
第五問 21    35.1
 計   136.5  161.25   

得点率 53.75(C判定)
順位   1325位


監査論 素点  調整後得点
第六問 18    24.4
第七問 29.5  33.35
 計   47.5   57.75

得点率 57.75(B判定)
順位   751位


企業法 素点  調整後得点
第八問 32   28.6
第九問 34   32.6
 計   66     61.2

得点率 61.2(A判定)
順位  208位


租税法  素点  調整後得点 
第十問  19   20.75
第十一問 35   36.2
  計    54    56.95

得点率  56.95(B判定)
順位   980位


経営学  素点  調整後得点
第十二問 40  43.2
第十三問 28  29
 計   68  72.2

得点率  72.2(A判定)
順位   10位


総合

得点率   58.47
順位    302位



ということで、総合順位で302位と、思ってもみない好成績でした。

とにかく意外だったのが企業法で、個人的には足切りを恐れていた
レベルだったのですが、まさかの得点率60越え(A判定)!

典型論点である第一問の結論を間違え、210条の条文を間違え、
それ以外でも記述漏れがたくさんあったにもかかわらずです。

再現答案作成時の私のエントリーを見てみるとかなり弱気なことを
書いていますが、やはり会計系の試験なので、法律科目はみな
苦手なんですかね・・・。

結果を見て、企業法の採点は加点方式で行っている印象を受けました。

予備校の模範解答と私の再現答案を比較すれば分かりますが、
減点方式であれば減点箇所は山ほどあったはずですから。

聞くところによると予備校の企業法の採点基準はかなり厳しいとの
ことですが(私は模試や答練で採点を受けたことが一度もないので
全く分からないのですが)、私のあの答案で素点が66点も取れるの
ですから、本試験における採点基準・方法は予備校のそれとは全く
異なっているのかもしれません。

この点については受験生は留意しておいた方がいいかもしれません。

また、経営学も中小企業診断士の勉強などを通じて管理論の単語を
多く知っていたというラッキーもあり、得点率70超えと、ここで
大きく稼ぐことができました。

改めて、管理論で大きな差がつきやすいことが判明しました。

管理論の勉強方法はなかなか難しいところですが、あえてここに
時間をかけて高得点を狙うのも一つの戦略かもしれません。

それから、事前の個人的な予想では経営学と監査論の出来が
いいと思っていたのですが、監査論については思っていたほどは
素点が伸びませんでした(特に第六問は平均割れ)。
ここはネガティブサプライズです。

自分では気付かない答案の書き間違いでもあったのでしょうか?

監査論の採点方法はちょっと謎です。。

全体的に見ると、総合での合格基準である得点率52は全ての科目で
超えることができたので、それは素直に嬉しいところですが、
あえて言うと、会計系の最高峰の試験において会計学の出来が
相対的に一番悪かったので、この点はまだまだ精進が必要ですね・・。



すばらしい!
社会人として働きながらの合格、素晴らしいですね。私も今三十路、証券会社で働いています。今の仕事で必要な会計知識を磨くことも含め、会計士を目指し勉強しようかと思案中のところ、このブログにたどり着きました。

そうですか。クレアールですか。今非常に悩んでいるんですTACと。TACは先日受講相談したところ、「社会人では受かりませんよ」と言われまして、まあ自分次第ということなんでしょうが、あそこは学生相手が基本なのかなと思いました。その点確かにクレアールはターゲットを社会人に置いているところもありますよね。その分安心かもしれませんね。安いですし。

クレアールにも相談してみます。いつまでもネットで徘徊しててもしょうがないので、近日中には結論を出そうと思います。
[ 2010/02/03 07:52 ] [ 編集 ]
Re:すばらしい!
>Tacky25さん

コメント、ありがとうございます!

以前にも書いたのですが、私はクレアール以外はほとんど検討しなかったため、TACの詳細については分かりませんが、カリキュラム的に社会人は厳しいという意味なのかもしれませんね。

私自身は、「社会人だったから」合格できたと感じています。

監査論や経営学は社会人経験がアドバンテージになりますし、問題に対する現場での処理能力や文章作成力は社会人の方が有利なはずです(もちろん、何の仕事をしているかにも左右されますが)。

ぜひ頑張って下さい!
[ 2010/02/03 22:43 ] [ 編集 ]
ビックリです!
ハンパない出来ですね(笑)
平均してどの科目も非常に良い出来で、ビックリしました(^^)

特に企業法と経営学は流石ですね!監査と財表も再現答案は非常に良く書けている気がしたんですが、採点が謎ですね(汗。

管理論が今年もあのような出題傾向で来るのであれば、ある程度自分で対策しようかなと思っています。国会図書館に足を運んで今年の試験委員の著書に軽く目を通しつつ、経営学だけクレアールも検討しようと思います☆

今後もブログの更新楽しみにしていますね☆次のステージへ向けて頑張ってください^^
[ 2010/02/04 00:14 ] [ 編集 ]
Re:ビックリです!
>momojiroさん

コメント、ありがとうございます。

財務会計に関しては計算の出来が非常に悪かったので、この程度の点だと予想していましたし、納得の結果です(笑)。

管理論については、もちろんその時の運もあるでしょうが、ある程度時間をかけて広い範囲の勉強をしておくことも有効なのでしょうね。
[ 2010/02/04 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。