三十路からの公認会計士登録記録

中小企業診断士でもある三十路サラリーマンが、公認会計士試験に一発合格を果たしました。公認会計士登録へ向けた日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国際会計基準(IFRS)に関する誤解

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました・・。

さて、先週の金曜日の話になりますが、金融庁から
「国際会計基準(IFRS)に関する誤解」が発表されています。

確か、J-SOXの時にも似たようなQ&Aが公表されていましたね。

あまり景気のいい話がない会計業界において、今後訪れることになる
IFRSの適用は間違いなく大きなイベントです。

それを商売ネタにしようと考えている人や会社は確かに多くいます。

もちろん、公認会計士や監査法人もそこに含まれるでしょう。

そういった勢力による過度な営業活動を金融庁が牽制している
文書といった位置づけになるのでしょうか。

さっそく目を通しましたが、文書は全般的事項と個別的事項から
構成されており、個々に解説が行われています。

全体的な印象としては、「IFRS適用といっても、それほど大変な話
ではないので、心配いらないですよ」といった論調に聞こえます。

確かにIFRSを警戒しすぎたり、過剰に反応してしまうのも問題ですが、
これを一通り読むと、逆にIFRS適用が簡単であるかのような印象を
持ってしまう気もします。

実際にはIFRS対応を行うとなれば、業務プロセスの見直しを含め、
やはり大変な作業となってくる部分も出てくるでしょうし、かなり
早い段階から計画的に準備をしていかないと間に合わない要素も
存在するのもまた事実です。

この文書によって、また新たな誤解が生じてしまわなければいいのですが。

[ 2010/04/26 23:34 ] 会計 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

HAY

Author:HAY
2008年夏:社会人として仕事をしながら、クレアールの通信講座で会計士試験の勉強を開始。

2009年:短答式試験・論文式試験に一発合格することができました。

現在は大手監査法人に勤務しています。
次なる目標は公認会計士登録になります。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。